韓国コスメ・美容 食品

腸活&美肌効果?痩せる?ルイボスティーを飲むメリットが多すぎる!副作用についても

最近、健康志向の高い方たちの間で特に話題の「ルイボスティー」。

ルイボスティーとはどんな飲み物なのか、また、ルイボスティーのうれしい効果をたっぷりとご紹介します。

ルイボスティーとは?

南アフリカ産のハーブティー

ルイボスティーとは、「ルイボス」という植物を用いたノンカフェインのお茶のこと。

ルイボスは南アフリカ共和国特産のハーブで、シェダーバーク山脈の周辺でしか生息しない貴重な植物です。

南アフリカは昼と夜の気温差が30度以上あり、そんな過酷な地域で育ったルイボスにはミネラルやポリフェノールが豊富に含まれているのです。

「ルイボス」という名前の由来は、「Rooi(赤い)」「Bos(やぶ)」。

ルイボスの葉自体が赤褐色の色をしているため、ルイボスティーも紅茶のような赤みがかった色をしているのです。

日本でも大人気!

もともと現地で消費されていたルイボスティーですが、18世紀後半以降、欧米から世界各国に広まっていきました。

現在は日本でもペットボトル飲料やティーパックとして販売されており、健康志向の高い方たちの間で人気を集めています。

栄養成分が豊富なだけでなく、ほどよい甘みと苦みのバランスが良く飲みやすいこともルイボスティーの人気理由の1つです。

早速、ルイボスティーを飲む効果についてご紹介していきます。

ルイボスティーを飲むメリット

便秘解消に効果的

最近は「腸活」話題になっていますが、ルイボスティーには整腸作用があり、便秘解消にも効果的だと言われています。

ルイボスティーに含まれるポリフェノールが腸内の悪玉菌の排泄を促し、腸内の善玉菌の割合を増やしてくれるのです。

また、ルイボスティーに含まれるマグネシウムには、腸内で水分を集め、硬い便を柔らかくしてくれる作用もあります。

便秘薬に含まれていることも多いマグネシウムが豊富ということで、ルイボスティーを習慣にすることで日々のお通じの改善につながるでしょう。

抗酸化作用で健康&美容に良い

ルイボスティーに含まれるポリフェノールには抗酸化作用もあります。

体内で発生する活性酸素を取り除いてくれるため、健康や美容に良い効果が期待できるのです。

また、活性酸素には悪玉コレステロールの生成を促進する作用があります。

ルイボスティーに含まれるポリフェノールが過剰な活性酸素を除去してくれるため、悪玉コレステロールを抑える効果も期待できます。

睡眠の質の向上

夜なかなか寝付けないなど、睡眠に不安がある方にも、ルイボスティーはおすすめです。

ルイボスティーに含まれるマグネシウムには、神経の興奮を鎮め、精神を安定させる効果が期待できます。

また、寝る前に温かい飲み物を飲むことで、体温が一時的に上昇し、寝つきやすくなるとも言われています。

気分をリラックスさせ、睡眠の質を向上させるためにも、寝る前に温かいルイボスティーを一杯飲むと良いかもしれませんね。

むくみ改善

ルイボスティーには、むくみ改善に効果的だと言われるカリウムが含まれています。

カリウムには利尿作用があり、余分なナトリウムを尿として排出し、むくみの解消を手助けしてくれるのです。

また、ルイボスティーには毛細血管の働きを促進するルチンも含まれており、血行を促進し、むくみを改善してくれると言われています。

ノンカフェインで妊娠中の方にも◎

紅茶や緑茶などに含まれていることが多いカフェインですが、ルイボスティーはノンカフェインなのも嬉しいポイント。

ノンカフェインなので小さいお子様や妊娠中・授乳中の方にも飲みやすいお茶なのです。

また、カフェインには眠気を覚ます効果もありますが、ノンカフェインのルイボスティーであれば、寝る前の一杯としても安心して飲むことができます。

美肌効果も

ルイボスティーには、ポリフェノールや「スーパーオキシドジムターゼ(SOD酵素)」などの抗酸化物質が含まれています。

「SOD酵素」には、過剰な活性酵素を抑制し、シミ、しわ、たるみの促進を抑える効果が期待できます。

また、ルイボスティーには、マグネシウムやカリウムといったミネラル類のほか、美肌効果の高いビタミンCなどの成分も含まれています。

活性酵素は本来体の免疫力を高める働きがありますが、増えすぎることで免疫力の大家や老化の原因になるのです。

したがって、ルイボスティーなどの飲み物からバランスよく抗酸化物質を補給することで、美肌や健康に良い影響を及ぼすことができるのですね。

ダイエットにも効果的

また、ルイボスティーに含まれている「SOD酵素」には、体内の毒素を排出してくれる役割もあります。

新陳代謝も促進してくれるため、ダイエットへの効果も期待できると言われているのです。

また、ルイボスティーに含まれる特有のポリフェノール「アスパラチン」は、血糖値コントロールに効果が期待できます。

ルイボスティーを習慣にすることで、血糖値の乱れによる脂肪蓄積などを抑えることも期待できるでしょう。

ミネラルが豊富

ルイボスティーには、カリウムやマグネシウムといったミネラルも豊富に含まれています。

ミネラルは体に必要な成分ですが、体内で生成できないため、飲み物などから摂取する必要があります。

ミネラルが豊富に含まれているルイボスティーは、食事バランスが乱れがちな現代人に嬉しい飲み物であるともいえるでしょう。

貧血気味の方にも◎

ルイボスティーは鉄の吸収を妨げる「タンニン」の含有量が少なく、貧血気味の方にも飲みやすいです。

また、タンニンは渋みの要因にもなるため、低タンニンのルイボスティーは苦味やクセが少なく飲みやすいのもポイントです。

しかし、透析を受けている方に関しては、ルイボスティーを過度に飲みすぎないようにしましょう。

ルイボスティーを飲む際の注意点

妊娠中の方は飲み過ぎに注意

ルイボスティーを飲んで健康上の悪影響が出たということが科学的に証明されたものはありません。

そのため、ルイボスティーを飲むにあたっては特段注意すべき点はありませんが、お茶であるという性質上、過度に飲み過ぎないようにしましょう。

また、妊娠中の方はポリフェノールの多量摂取は控えた方が良いと言われています。

ルイボスティーにはポリフェノールが含まれているので、妊娠している方は過度に飲みすぎるのは控えましょう。

ルイボスティーに副作用はある?

ルイボスティーを飲むことによって、副作用が起きるということは基本的にありません。

ただルイボスティーはミネラルを多く含んでいるので、飲みすぎると利尿作用でトイレが近くなったり、下痢を起こしたりする可能性も。

心配な方は、少量から飲み始めてみて、体調と相談しながら量を増やすのがよいかもしれません。

適量を摂取することが大切

既往歴のある人がルイボスティーを大量摂取したことで、肝臓の機能を低下させたという報告もあるようです。

何においても大量摂取は、栄養素のバランスを乱すことにつながります。

体に良いからといってそれだけを大量に飲むことは控え、適量を保ち、安全に摂取することが大切です。

ルイボスティーは美味しいの?

紅茶のような軽やかな味わい

実際にルイボスティーを飲んでみたところ、紅茶のような軽やかな味わいで美味しいなと感じました。

筆者はコーヒーなど渋みのある飲み物が苦手なのですが、ルイボスティーはとても飲みやすいと感じました。

ルイボスティーを飲んで効果はあった?

便秘の改善&快眠に

また、温めたルイボスティーを朝食の際や寝る前に飲むことで、リラックス効果も。

朝に飲むとお通じが良くなりデトックス効果を感じたり、寝る前に飲むことで寝付きやすくなった気がします。

しっかりと煮出して飲むことで、ルイボスティーの成分をしっかりと摂取することができます。

味が紅茶みたいで美味しいので、ルイボスティーを朝晩飲むことが楽しみになるほどで、習慣にしやすいと感じました。

まとめ

今回は、ルイボスティーのうれしい効果についてご紹介しました。

昔の先住民の方たちからは「不老長寿のお茶」「奇跡のお茶」とも呼ばれ、もともとは嗜好品としてではなく、治療目的として飲まれていたというルイボスティー。

さまざまな嬉しい効果が期待できるのに、飲みやすい味わいで、日常に取り入れやすいのも嬉しいですね。

-韓国コスメ・美容, 食品
-, , , , , , , ,